症例① 朝起きた時にに首が痛い

来院までの経緯 

1週間前の起床時に首が動かない寝違えになった。

近所の整形外科で電気療法、湿布を処方され様子を見ていたが症状が変わらず、仕事で運転が多いので振り向くときにも支障が出てきたので来院。

 

初回来院時のお悩み

1回目、首が右を向けない状態でズキズキ痛むとの事。

 

初回来院時の体の状態

首周りに自発痛あり、姿勢分析では全体的に右に傾いていた。

 

施術経過

初回、鎮痛を目的として鍼施術を行い8割痛みがなくなり、家でのセルフケアを指導する。

3日後に2回目の施術を行い、脳幹調整、骨盤調整で全身のバランスを整え、3回目では頚椎調整を主に行い、ほぼ痛みは感じずに日常生活を送れるよう回復。症状に関して注意点を伝え、治癒とした。

男性画像

 

施術回数   3回  

施術期間   10日

在住・職業  吹田市 会社員(出張、運転が多い) 

年齢・性別  30代 男性

メッセージ

当院ではこの方のように、最後に整体に頼って来られる方が多くいます。

もちろん、全ての症状が何でも治る訳ではありませんが、まずは詳しくお話をお聞きし、そこからどんな施術をしていくかを組み立てていきます。

①痛みを楽にする ②体を真っすぐ整える ③症状を再発させないようにする この順番で施術をすすめていきました。

この方のように体のトラブルの結果、良くなるまでに時間がどうしても時間が掛かってしまいます。

逆に急激に変化させようとすると、かなりの確率でその反動が体に悪影響を及ぼすこともあります。そうならないように慎重にすすめました。

少し時間が掛かりましたが、最後まで諦めずに一緒に頑張ってくれて、施術者としてとても嬉しく思っています。

首痛 首こりについて詳しくはこちら

首痛 首こり

この記事に関する関連記事