お尻から太ももにかけて痛む腰椎椎間板ヘルニア

来院までの経緯

先月に原因もなく右のお尻~太ももに急激な痛みとしびれに襲われ、救急で病院に搬送。神経痛だと言われ、痛み止めの注射をしてもらったが初日は眠れないほどの痛みとしびれがあった。同病院でMRI検査をうけ腰のヘルニアが2か所あると言われた。2、3年前に同様の症状になった事があり、整体で改善した経験があった事から当院の事を調べて来院。

 

初回来院時のお悩み

右のお尻~太ももに急激な痛みとしびれ

 

初回来院時の体の状態

右腰、お尻、脚の筋肉が圧痛、筋硬結、しびれがあり、痛みにより足を引きずりながら歩行する状態。過労からくる全身疲労で体液循環の悪さが症状を悪化させていると考えた。

 

施術経過 

1回目、脳幹・骨盤調整を行ったところ痛みが10→6に軽減。

4回目の施術で痛みが3にまで軽減した。

8回目の施術では痛みが1まで改善した。その後、残り1のお尻と太もも裏の痛みとツッパリ感が改善しづらく、患者さんの症状をすべて取り切りたいとの要望で17回目の施術で全症状改善したため卒業。

女性画像

 

施術回数   17回  

施術期間   57日  

在住・職業  豊中市 パート  

年齢・性別  40代 女性

メッセージ

当院ではこの方のように、最後に整体に頼って来られる方が多くいます。

もちろん、全ての症状が何でも治る訳ではありませんが、まずは詳しくお話をお聞きし、そこからどんな施術をしていくかを組み立てていきます。

今回のケースは、①痛みを楽にする ②体を真っすぐ整える ③症状を再発させないようにする この順番で施術をすすめていきました。

この方のように長年の体のトラブルの結果、重症化されている場合は、良くなるまでに時間がどうしても掛かってしまいます。

逆に急激に変化させようとすると、かなりの確率でその反動が体に悪影響を及ぼすこともあります。そうならないように慎重にすすめました。

少し時間が掛かりましたが、最後まで諦めずに一緒に頑張ってくれて、施術者としてとても嬉しく思っています。

腰椎椎間板ヘルニアについて詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア

この記事に関する関連記事