当院の考える捻挫の原因

捻挫とは

捻挫

捻挫は、足を捻った時に起こる炎症・損傷で、筋肉・筋膜・腱・靭帯など、骨以外の部分に起こる怪我のことを言います。

炎症や損傷の程度も場合によって様々で動かすと少し痛いものから足を動かしていなくても痛みが強い場合など様々です。

一度痛みが治っても、またスポーツをしている時などに捻挫が再発したり、足首が緩くなり、歩いているとすぐに足を捻ってしまったりと再発が多い症状でもあります。

捻挫の原因とは?

捻挫1

日常生活で段差で転んだり踏み外しておこったり、スポ―ツ活動中のジャンプに着地に失敗しておこります。

捻挫に対する一般的な対処方法

捻挫でリハビリや整骨院に行くとこういったことをされた経験もあるかもしれません。

  • 痛み止めの薬や湿布
  • 電気療法
  • テーピング
  • サポーター
  • 安静

説明

などの処置を行います。なかなか痛みがスッキリ引かなかったり、捻挫が癖になってしまうこともあります。

捻挫を改善するためには、根本の原因にアプローチする必要があります。

捻挫の専門改善プログラムとは?

施術

捻挫はどの方向に捻ったかで施術法が変わります。

医師推薦

推薦1

推薦2

推薦3

多数のお医者さんに推薦を頂いてます。

詳しくは推薦文ページをご覧ください。