美容鍼説明

皮膚への作用

皮膚

皮膚のターンオーバーは20代で28日、30代で38日、40代で48日かかると言われています。

鍼をすることで真皮に微小な傷を与え、この傷を治す過程で真皮層のコラーゲンとエラスチンが生成促進され肌が改善されます。

筋肉への作用

顔の筋肉量は30代から減少し40代から年に0,5%ずつ減少し65歳には倍に減少し80歳までに30%から40%低下すると言われています。

顔

※皮膚は体重の16%を占める最大の臓器

鍼に電気刺激を与え、顔の筋肉を動かすことで代謝改善効果が期待できます。

鍼

※筋繊維の間に細胞と毛細血管が生まれる。

特殊な周波数の電気刺激で顔の筋肉の緊張を緩め、最後に必要な顔の筋肉を引き締めます。筋肉を刺激し、血流を改善して老化を防ぎます。

美容鍼と美容医療の比較

表

上記の表の様にたるみなどの皮膚に対しては効果的です。

鍼施術による内出血について

内出血

稀に、患者さんの体調や体質によって内出血することがあります。鍼が毛細血管を微小に傷つけることにより出血し、血管外に漏れた血液が皮下に残ることで発生します。体をぶつけてできる青あざと似ていて数日〜2週間程度で自然治癒して必ず消えます。

※男性の方も眼精疲労、頭痛、花粉症にも効果があるのでおススメです。

執筆者  柔道整復師 免許番号 第68940号

     鍼師 免許番号 第138200号

  灸師 免許番号 第138012号

磯橋 啓明 詳しくはプロフィールページをご覧ください。