症例② サッカーでの足首捻挫

来院までの経緯

今日、部活でサッカーをしており、相手と絡んだ時に足首を捻り負傷、2週間後に試合を控えておりどうしても良くしたいと足を引きずる状態で来院。

 

初回来院時のお悩み

足首捻挫

 

初回来院時の体の状態

足首の腫れがきつい状態、体重を足首に乗せれない状態。

 

施術経過 

1回目、しっかりアイシングをしたうえで筋膜矯正で一回目で体重を乗せれるようになる。少し気になるが足を引きずらなく歩行ができるようになった。

2回目で痛む場所が限局されて、全身調整も加えて施術した。

3回目で日常生活は普通にできるようになり、練習も始めるも踏ん張った時に少し気になるとのこと。

4回目で足首の可動域も改善され症状が消失したため治癒とした。

男性画像

 

施術回数   4回  

施術期間   11日  

在住・職業  吹田市 学生  

年齢・性別  10代 男性

メッセージ

当院ではこの方のように、最後に整体に頼って来られる方が多くいます。

もちろん、全ての症状が何でも治る訳ではありませんが、まずは詳しくお話をお聞きし、そこからどんな施術をしていくかを組み立てていきます。

今回のケースは、①痛みを楽にする ②体を真っすぐ整える ③症状を再発させないようにする この順番で施術をすすめていきました。

この方のように捻挫は痛めて早めに施術することにより、早めによくなります。

少し時間が掛かりましたが、最後まで諦めずに一緒に頑張ってくれて、施術者としてとても嬉しく思っています。

① 捻挫について詳しくはこちら

① 捻挫

この記事に関する関連記事