ぎっくり腰の正しい処置ページ

ぎっくり腰の正しい処置

ぎっくり腰の正しい処置

考える女性

ぎっくり腰になったら「冷やすの?」「温めるの?」

迷いますよね?

初期処置が非常に重要です

アイスノン

ぎっくり腰といっても色々なタイプのぎっくり腰があるのですが、腰を動かさなくてもズキズキ痛む場合は患部に炎症が起こっている状態なので部屋は暖めて患部(腰のズキズキする部分)を氷嚢やアイスノンで局所のみ冷やします。

湿布を貼ると効果はありますか?

湿布

サロンパスや冷湿布はスッーとするメンソ―ルの効能があるので冷やしていると勘違いますが冷やす効果はありません。

多少、動けるようになったら貼って頂いて結構です。

どれくらい、冷やせば良いですか?

考えている女性

直後なら、腰に炎症があるので氷嚢やアイスノンで冷やすと気持ち良く感じます。

さらに冷やすと冷たく感じ、次に痛く感じてくる直前で冷やすのをやめて、しばらく経ったらまた冷やします。これを繰り返します。

ぎっくり腰になったら、やったらダメなこと

バツをする女性

  • 痛みを我慢して動かさない
  • 腰へのマッサージ
  • 入浴
  • 飲酒
  • 睡眠不足

どれも炎症がおこっている腰に火に油を注いでいる行為なので、しないように注意しましょう。

これらの処置を誤ると、長引くぎっくり腰や繰り返すぎっくり腰に繋がります。

※当院では急性期のぎっくり腰は炎症を抑える鍼施術と骨盤を閉める施術をおすすめしています。

メッセージ

いそはし

私もぎっくり腰の経験者です。本当にその場で崩れ落ちて立ち上がれない程のぎっくり腰になったことがあります。

ぎっくり腰の度合いにもよりますが、私の臨床上、炎症が完全に引くのは72時間は掛かるので、ぎっくり腰になった時はしっかり冷やすのが基本です。

執筆者  柔道整復師 免許番号 第68940号

     鍼師 免許番号 第138200号

  灸師 免許番号 第138012号

磯橋 啓明 詳しくはプロフィールページをご覧ください。

整体院いそはし

〒564-0053大阪府吹田市江の木町17‐37 リアライズ江坂 201号室