坐骨神経痛の原因

ヘルニア

椎間板ヘルニア

背骨の間にクッション材のような椎間板が後ろ側に飛び出して「神経根」という所を圧迫します。

ヘルニアが坐骨神経の大元の腰に関係する神経を圧迫することで坐骨神経痛が起こります。

狭窄症

脊柱管狭窄症

脳につながる脊髄が背骨の中のトンネルのような空間を通っています。

トンネルが脊柱管と呼ばれ、このトンネルが狭くなることで神経が圧迫され坐骨神経痛が起こります。

梨状筋

梨状筋症候群

お尻の奥に梨状筋という筋肉の近くを坐骨神経が通っています。

梨状筋が骨盤の歪みなどで引っ張られて固くなり、神経や血管を圧迫することで坐骨神経痛が起こります。

執筆者  柔道整復師 免許番号 第68940号

     鍼師 免許番号 第138200号

  灸師 免許番号 第138012号

磯橋 啓明 詳しくはプロフィールページをご覧ください。