なぜ、白砂糖がよくないかご存じですか?

いそはし

  • 皮膚のトラブル
  • 夜に熟睡できない
  • 頭痛がひどい
  • すぐ風邪をひく
  • 集中力がない、イライラしがち

もし、思い当たるところがあるとしたら、あなたは砂糖の摂り過ぎで、“砂糖病”をわずらっているのかもしれません。

砂糖が招く“低血糖症”が増えています

さとう

白砂糖は“空っぽカロリー”だとよくいわれます。精製過程で全てのビタミン、ミネラル分などが除去されます、カロリーというエネルギーしか持たなくなります。

白砂糖には精製される過程で石炭や亜硫酸ガス、アンモニアなど別種の化学薬品も添加されています。こういった意味でも、白砂糖は食品ではなく、ピュアな化学物質といった方がふさわしいかも知れません。

この化学物質、白砂糖は体内に入ると素早く吸収され、血液中の血糖値を急激に上昇させます。疲れた時に砂糖をなめるとラクになった気がするのは、この即効作用によるものなのです。しかし、これは私たちの体が持つ本来の消化吸収のペースを、全く無視したものです。
だから砂糖によって急激に血糖値が上昇すると、スピード違反に面喰って大量に出されたインシュリンによって、今度は血糖値が逆に下がり過ぎた低血糖状態が発生します。

そして、この血糖値の乱高下が“低血糖症”と呼ばれる隠れた現代病を引き起こしているのです。

低血糖症が引き起こす数々のメンタル症状

だるい

“低血糖症”はエネルギーの源である血糖が不足する病気なので、強烈なエネルギーショックによって身体には様々な症状が引き起こされます。

多くの人に共通する症状だけでも、午前中の消耗感。頭痛、強い疲労感、立ちくらみ、不眠などが挙げられます。同時に精神面への影響も大きく。落ち着きのなさ、意味のない不安や恐怖感、集中力の欠如などが低血糖症によって引き起こされています。

これはいわゆる学習障害や精神障害、増加し続ける犯罪行動の背景にある、大きな原因の一つになっているとも言われます。インシュリンを頻繁に大量生産していた膵臓がやがて疲労し必要なインシュリンを出せなくなると、今度は、糖尿病という病気になります。

砂糖は体内のカルシウムやビタミン類を奪う

カルシウム

白砂糖は、酸の結晶のようなものだとも言われています。だから、砂糖を摂り過ぎると血液は酸過剰の状態に傾き、生体はそれを中和しようと、体内の予備アルカリであるカルシウムを動員するのです。

またカルシウムには精神系の興奮する働きもありますから、カルシウム欠乏によって神経過敏になり、やたらとイライラするノイローゼになる、といった事態が引き起こされる可能性もあります。さらにカルシウムが欠乏すると、腸のぜん動運動が弱くなるという事もわかってきています。便秘・脚の冷え・生理痛で悩んでいる人は甘いものを控えてみてはいかがでしょう?

砂糖はビタミンも奪っていきます

ビタミン

砂糖はブドウ糖と果糖に分解されて体内に吸収され、エネルギーになります。この分解される過程で、ビタミンB1が必要になるのです。同時に、体内で有害な酸性物質を大量に発生させるので、その中和にカルシウムや鉄分などのミネラルも必要になってきます。

特に近年、キレる子供が増え社会問題になっていますが、躾や教育以前に、まず砂糖の摂り過ぎによって精神安定作用のあるミネラル(カルシウム、ビタミン)の無駄使いの方が怖いのではないでしょうか?

一日の白砂糖の許容量

角砂糖

  • 1歳は0,2g
  • 1歳~10歳は0,3g
  • 10歳~20歳は0,4g
  • 21歳以上は0,5g

甘いものを過食すると肝臓も悪くなる

甘いもの

甘い物の過食によってカルシウムが不足していれば、内臓の筋肉は弾力性を失っています。胃だけでなく、内臓全体が垂れ下がってきてしまう事にもなる訳です。

こうなると食べた物、飲んだ物がいつまでも胃に残り、なかなか消化されなくなってしまいます。また、砂糖はアルコールと同様、口にして3分以内で血液中に入って血液を酸性化し、その流れを悪くします。だから血液浄化の役割を担う肝臓に、大きな負担をかける事になるのです。

一般に、世間では肝臓が悪いといえばアルコールのせいだと考える多いのですが、実際には砂糖の摂り過ぎによって肝臓を悪くしている人も少なくないのです。

砂糖と皮膚病、花粉症の関係

アレルギー

砂糖は、殆どの皮膚病を悪化させる要因になります。というのも、前述したように、砂糖は血液を酸化して汚し、その流れを悪くするものだからです。

栄養分や酸素を運び、老廃物を運搬して排出するのが血液の役割です。その仕事を妨害すれば、皮膚新陳代謝が悪くなるのは当然の話なのです。

また、東洋医学の考え方では砂糖は、“緩める、拡げる、冷やす”という性質があるとされています。だから砂糖を摂り過ぎと血液細胞を緩め、白血球や血將(けっしょう)、リンパ液の本来の働きである抗菌作用を失わせてしまうのです。つまり砂糖を摂り過ぎると殺菌に負けやすく、化膿しやすい体質になってしまう訳です。

血液が汚れて循環が悪くなると…

鼻炎

体は冷え、鼻炎も起こりやすいです。花粉症などのアレルギー性鼻炎や慢性の鼻炎、鼻づまりに悩んでいる人は、砂糖の摂り過ぎを疑ってみて下さい。

ちなみに体重×0,5g=一日の糖質を消化できる量です

昔からの懐石料理の様な食事が理想です。上記のような症状でお困り方は、食後のスイーツから控えてみてはいかがでしょうか?

砂糖の成分表

カロリー     ㎈ 水  分     g タンパク質    g 糖  質     g カルシウム ㎎ ナトリウム ㎎
粗糖 382 0.7 0.7 98.1 58 2
グラニュー糖 387 0 0 100 1 0
角砂糖 387 0 0 100 1 0
上白糖

 

384 0.9 0 99.1 2 0
三温糖

 

377 2.1 0.9 96.8 40 1
黒砂糖 353 7.0 1.5 89.9 293 10
羅漢果 0〜17 47.7% 11.1% 37% 154 5.6

※巷に氾濫する加工食品や外食産業のメニューはもちろんの事、砂糖が入っています。単に甘い物を食べないというだけでは”砂糖を断つ“という事になりませんが、ご家庭で使う調味料など、白砂糖よりは、ミネラル分の残っている羅漢果、黒砂糖など、未精製糖に替えてみてはいかがでしょうか?

いそはし

執筆者  柔道整復師 免許番号 第68940号

     鍼師 免許番号 第138200号

  灸師 免許番号 第138012号

磯橋 啓明 詳しくはプロフィールページをご覧ください。

整体院いそはし

〒564-0053大阪府吹田市江の木町17‐37 リアライズ江坂 201号室