病気になりやすい睡眠時間知っていますか?

いそはし

  • いくら寝ても熟睡感がない
  • 早く布団に入ってもなかなか眠れない
  • 朝スッキリ起きられない
  • 朝起きた時に関節や筋肉が痛む
  • 日中やたら眠い

あてはまる項目が多いほど、いい睡眠がとれていない傾向があります。

時間と質

寝ている女性

ナポレオンは3時間しか寝なかったなんて言われていますが、本当なのでしょうか?
人によって適度な睡眠時間は異なるようです。

一般的にいわれているのが、一時間半サイクルで5回合計7時間半寝るのが理想とされ、これより長くても短くて病気になるリスクがあがると言われています。

ただこの辺は、曖昧なところがあると思います。何の研究データでも「人間」のものは難しいようです。
おそらくこのデータも無造作で〇万件で睡眠時間のデータを取って羅患率をみて、ころあいのところが7時間半といった感じだと思います。

また、病気の要素は睡眠だけというわけではなく、本当に複雑なものが絡み合ってできるものですから、ひとつの要因で決める事は不可能だと思います。

だいぶ、横道にそれましたが、睡眠時間は、1時間半の倍数がよさそうです。

曖昧な感じですが、大切なのはこれを読んで、睡眠の質が少しでも改善されて「より健康に」「より仕事のパフォーマンスが上がるように」「体も心も気持ちよく生活できるように」書いていますので、全部やることを目標にするのではなく、ひとつでも試しにやっていただければなと思っています。

次は習慣化

目覚め

みなさんは、何時に布団に入りますか?ちなみに、太陽が昇ってくるのは何時頃でしょうか?

昇ってきて、夕方に沈みますね。土日だけでゆっくり10時頃の日の出とか、金曜日だけ早やめに16時で沈みます。とかありません。

何を言いたいかと言いますと、休みだからといつまでも寝ているのは、体内リズムを壊してしまいます。
人の体は、朝起きてから、日の光を浴びることによって15時間後にメラトニンというホルモンが分泌されて眠りを誘うようになっています。お寝坊してしまうと自然と寝る時間が遅くなってしまい、結果、睡眠時間が削られてしまいます。

月曜の休み明け、睡眠不足の状態で仕事に行って効率が上がるはずもなく、辛い一週間に・・・週末にお寝坊をして・・・なんて泥沼化しないように、休みでも寝坊しないこと。

オススメの睡眠時間

睡眠

休日前は早めに寝て早起きしてみる。朝はすごく効率がよく、休日が長く感じれます。そのため気持ちの充足感が違ってきますし、夜も早く気持ちよく眠りに入ります。
ちなみに、夜10時~深夜2時の間に熟睡していると成長ホルモン(若返りホルモン)が大量に出るそうです。

スマホを枕元に置いて寝ない

寝る時

睡眠時、脳が自律神経や内分泌ホルモン、筋肉疲労回復、傷の修復など、体をリセットしている時間帯にスマホの電磁波で脳波が乱れリセットしにくくなってしまいます。

枕元より1m離れたところにスマホを置きましょう。これだけで睡眠の質が向上するかもしれません。

昼寝もオススメ

昼寝

なかなか昼寝できる環境がないかもしれませんが、もしあるのなら、30分以内の昼寝がオススメです。

昼寝は夜寝る2倍熟睡していると言われています。鍼灸時に寝るのは3倍熟睡していると言われます。つまり、昼寝を15分したら夜30分熟睡したことになり、鍼灸時に10分寝ると夜30分熟睡したことになります。

昼ご飯後、消化の助けにもなりますし、脳が休まるので午後の仕事の効率がアップします。ただ、寝すぎてもダメですし、15時以降は夜の睡眠の妨げになるので注意しましょう。

いかがでしたか?

いそはし

「健康に欠かすことのできない睡眠」当たり前と思うかもしれませんが、健康は地味なことをコツコツと積み上げていくものだと思っています。少しでも参考にしていただければ幸いです。

いそはし

執筆者  柔道整復師 免許番号 第68940号

     鍼師 免許番号 第138200号

  灸師 免許番号 第138012号

磯橋 啓明 詳しくはプロフィールページをご覧ください。

整体院いそはし

〒564-0053大阪府吹田市江の木町17‐37 リアライズ江坂 201号室